R E H A B I L I T A T I O N
T E C H N O L O G Y
リハビリテーションと
テクノロジーをつなげる

知識をつなぎ、技術につなげる自分にしか創れないリハビリテーションを

EXPERIENCE

リハテックリンクスはリハビリテーション業界の教育に全力で取り組み、セラピストの教育環境に変革を起こします。セミナーをはじめ、教育クラウドサービスの確立を図り、主体的・協働的・探究的学びを実現し、様々な臨床上の困難を改善・克服できるサービスを提供していきます。

『セラピストが「リハビリテーションの楽しさ」を実感できる活力のある社会』
『あらゆる人が「リハビリテーションの存在意義」を実感できる社会』をつくることを目指しています。

SEMINER

講習会・セミナー案内
  • Nov. 17

    平成30年11月17,18日(土・日曜日)

    臨床力には研究能力が必須! 臨床の疑問から研究デザインと論理思考を身につける2Days

    講師 - 竹林崇 先生 藤本修平 先生 
  • Feb. 07

    平成31年2月7日(木曜日)

    認知症に対するリハビリテーション 〜ナイトセミナー〜

    講師 - 石井慎一郎 先生 
  • May. 12

    平成31年5月12日(日曜日)

    肩関節障害の評価と治療 in 岡山会場

    講師 - 千葉慎一 先生 
  • May. 11

    平成31年5月11日(土曜日)

    変形性膝関節症に対する保存的学療法 in 岡山会場

    講師 - 山田英司 先生 

VOICE

お客様の声
  • VOICE - No.1

    初めて受講した時は、聞いたことのない会社名でしたが、有名講師の講義&実技が1万円と格安で聞けるとのことで、半信半疑で申し込みをしました。
    他の病院の方ともコミュニケーションが取りやすい会場で、実技のためのベッドやタオル等揃っており、非常に快適に過ごすことができました。加えて、講師との距離も近く疑問点なども聞きやすく、いつも勉強会でモヤモヤして帰宅していたのですが、スッキリした知識を持ち帰ることが出来ました。非常にお勧めです!

    國場開先生

    埼玉みさと総合リハビリテーション病院
  • VOICE - No.2

    学生の頃から読んでいた本。動作分析が非常にわかりやすく説明されており、就職したら石井先生の勉強会に参加したいと思っておりました。就職してすぐに参加した石井先生の勉強会で衝撃を受けました。
    石井先生のユーモア溢れるトークと機能解剖学に基づいて紐解かれる動作分析には時間を忘れる程聞き入り、あっという間に勉強会が終わってしまったように感じました。
    勉強会で行なった評価や治療は受講生をケーススタディとして、石井先生が臨床的な使い方を見せてくださいます。ケーススタディが多いので臨床への結び付けがしやすく、明日からの臨床が楽しみになるのを感じます。是非、皆さまも勉強会に参加し、明日からの臨床が楽しみになる様を感じていただければと思います。

    佐々木築先生

    高島平中央総合病院
  • VOICE - No.3

    講習会ではスタッフの気遣い(バインダーやマット、糖分補給のお菓子)によりとても有意義な時間を過ごすことができました。また、講習会の様子を『復習動画』として後日参加者に配布するという取り組みもあり、聞き逃した内容もしっかりと復習することができました。
    今までたくさんの講習会に参加させていただきましたが、その度に聞き逃してしまったポイントや先生の話があり、「ここなんて言ってたっけな?」となってしまうことがありました。しかし、それが復習動画の配布により配布期間で何回でも視聴することができ、より理解を深められるようになりました。
    今後も精力的に参加していきたいと思います。

    尾頭和樹先生

    埼玉みさと総合リハビリテーション病院
  • VOICE - No.4

    私はいくつかの講習会を受講させて頂き、学びを深めていく度に臨床で患者様が変わっていくのを実感していきました。
    その中でも石井慎一郎先生の講義には自分の介入技術において大きな影響を受けています。バイオメカニクスという観点から基礎的な知識を学び、実技講習の中で実践に即した技術を教えて頂きました。いくつかの講習会を受講し、自己研鑽を深めていく中で知識・技術ともに以前より内容の濃いものになっていくことを実感するとともに、臨床の現場では以前にはなかった感覚で患者様が変わっていくことを実感しました。そしてより多くの患者様から「感謝」して頂く機会が増えました。石井先生は理学療法士として、知識や技術だけではなく患者様の尊厳を重んじた上で1人ひとりに関わる姿勢を教示しており、理学療法士である前に1人の人間として患者様と向き合うということを改めて考えさせられました。
    今では講習会で得た知識や技術を臨床だけでなく職場のスタッフとも共有することでより良い治療を患者様に提供出来たらと思っています。1つの講習会でもより多くのことを学べる講習会であったと感じ、受講してよかったと深く実感しています。

    高津亮佑先生

    埼玉みさと総合リハビリテーション病院
  • VOICE - No.5

    リハテックリンクスの勉強会の最大の特徴は座学に加えて必ず実技が中心となっている事と復習用の動画がある事だと思います。
    そのため、常に臨床とリンクして次の日から臨床に活かす事が出来ます。

    私が勉強会に参加させて頂こうと思ったきっかけは、日々患者様をみていてゴール設定、基本動作評価、機能評価などをみていく焦点が定まらなく自信を持ってプランを立てれてなかったことにあります。

    私は今までに石井先生や湯田先生、吉尾先生の勉強会等に参加をさせて頂きました。
    そこで各分野での視点や先生方の臨床での考え方に触れ、少しずつではありますが以前よりもより明確にプランを立てれるようになりました。様々な本を読んでもなかなか理解できなかった事も先生方の生の公演を聴く事や実技指導を受ける事で次の日から実践していく事ができ、患者様の役に立つことが出来ていると思います。
    今後も自分自身の視野が狭くならないよう様々な視点で多様性をもって患者様方のゴールに向かっていけるように学び続けていきたいと思っています。

    原裕貴先生

    戸塚共立第1病院
  • VOICE - No.6

    今回は「バイオメカセラピー7days基本動作分析コース」を受講しました。
    理由としては、石井慎一郎先生が編著している「基本動作分析 臨床応用講座」を読んだ際に、各動作のメカニズム・評価・治療方法が簡潔にまとまっており、勉強になることが非常に多かったからです。そして、実際に生の声を聞くことで、さらに理解を深めようと思ったからです。
    実際に受講することで、自分の認識が間違っていた部分の修正や、さらに新しい知識を得ることができ、毎回楽しく学ぶことができました。
    また、印象的であったのが、各動作を分析する際にバイオメカニクスの観点のみでなく、中枢神経系の姿勢制御の要素についても深く組み込まれていたことです。
    実技場面では、動作誘導などの技術面のみを学ぶのではなく、グループとなり動作評価→治療→再評価をおこなう(クリニカルリーズニング)ことで、学んだ知識を臨床で活かすための工夫がなされていました。石井先生をはじめとするインストラクターの方々に手厚いアドバイスをいただけるのも魅力的だと思います。
    各動作のメカニズム・評価・治療方法が簡潔かつ定型的となっているため、自分自身の勉強のみでなく、後輩指導などにも役に立つと思います。

    野枝武史先生

    代々木病院

Facebook・Twitterでも情報を発信中。
気軽に「いいね!」や「フォロー」をお願いいたします。

Facebook