行動変容を導く!上肢機能練習の理論と実際
-CI療法の話題を中心に-

UPDATE - 2018.9.20
  • 日程

    平成30年12月1日(土曜日)

    10:00~16:00予定

    受付時間 - 9:30~
場所 札幌医療リハビリ専門学校 9F講堂
住所 北海道札幌市北区北6条西1丁目3−1
講師 竹林崇 先生 
形式 座学
参加費 0円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 このたびの北海道胆振東部地震によりお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。少しでも皆様のお力添えさせて頂ければと思い、今回受講料無料で開催させていただきます。

DETAIL

概要

課題指向型アプローチは脳卒中後の麻痺手に対する練習方法の一つであり、American Heart Associationをはじめとした各種ガイドラインにも推奨するアプローチとして紹介されているエビデンスが確立されているアプローチである。また、その課題指向型アプローチを治療コンセプトの一つとして含むConstraint-induced movement therapy(CI療法)、臨床現場でも頻繁に選択されるアプローチの一つと認知されている。

 

 

 ただし、CI療法は、「非麻痺手を拘束し、無理やり麻痺手をしようするアプローチ」といった誤った認識が未だに一定数以上の療法士の中にあるのも事実である。世界においても、CI療法とは、対象者の麻痺手に対する目標を解決するための懇切丁寧な行動療法の要素を含む運動療法と考えられている。従って、CI療法の目的は、対象者の麻痺手に関する機能はおろか、実生活における麻痺手の使用頻度を向上することにあると考えられている。

 

 

 本講義では、CI療法のアプローチを構成する要素である「麻痺手の量的練習」、「反復的課題指向型アプローチ」、「練習にて獲得した機能を生活に反映させる行動学的手法(Transfer package)」の概要と実際について解説する。

TEACHER

講師紹介
作業療法士
大阪府立大学 准教授

竹林崇先生

講習会のお申し込みに際しての注意点

  1. 受付は開講時刻の30分前より開始致します。
  2. 講習会の定員選考は先着順となります。原則としまして10日以内のご入金をお願いしております。ご入金が遅れる際は必ず弊社へご連絡ください。自動キャンセルはございませんので、ご入金・ご連絡がない場合はキャンセル料(受講料全額)が発生致します。こちらをご対応いただけない場合、今後弊社サービスの提供をお断りすることがございます。あらかじめご了承ください。
    なお、ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですがその旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  3. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。迷惑フォルダ等に分類され、届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームからご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  4. 弊社講習会では復習用動画として、動画を配布することがありますが、動画の転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、動画をお配りできない際のクレーム等は一切受け付けておりません。ご了承ください。
  5. 領収書は当日のお帰りの際に受付にてお渡し致します。
  6. 駐車場等の手配は致しかねますので公共交通機関をご利用の上ご来場いただくか、各自での手配をお願い申し上げます。
  7. キャンセルを承れるのは開催日1週間前の前日17時半までとさせていただきます。期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。なお、ご返金の際には振込手数料、事務手数料合わせて1,000円をお客様のご負担とさせていただきますので、手数料を差し引いた金額を入金致しますのでご了承ください。
  8. 地震・台風等の自然災害、交通災害、講師の急病等、その他やむを得ない事情が発生した場合セミナーの中止、遅延、中断、延期をさせていただくことがございます。
  9. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。ご確認が取れない方に関しましてはご登録を頂いた電話番号までご連絡をさせていただきます。
  10. 弊社講習会は撮影が入ります。ご参加いただく場合、撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  11. 講習会会場での貴重品は各自で管理をお願い致します。弊社では貴重品の盗難、紛失について責任は負いかねます。
前の記事

STROKE SUMMIT2019 〜脳卒中患者の歩行リハビリテーション〜

次の記事

肩関節障害の評価と治療 2Daysコース